賃貸物件でインターネット回線を利用したいときの注意点。

賃貸物件でのインターネット回線の利用に関しては、比較的新しい物件であれば最初からインターネット回線が導入されているなどして入居すればすぐに使用できるというところも多いです。

そして使用料に関しても家賃込みになっていることも多いです。

しかしながら築年数が古い物件になるとインターネット回線が敷かれていないことが多く、自分で管理会社や大家の了承を得て工事を行うことになります。

このインターネット回線の工事に関しては、時に壁に穴を開けたりくぎを打ったりするなど賃貸物件に傷をつけてしまうこともあります。

その場合は原状回復ということで、退居時には穴を開けたり傷をつけたりした部分を自分で修復するあるいは管理会社や大家に修復費用を支払わなければいけません。

費用は状況によっては10万円単位になることもあり、賃貸物件ではインターネットを利用するのは簡単ではないこともあります。なので賃貸物件でインターネットを使用したい場合には本来であればインターネット環境がある物件を選ぶべきなのですが、経済的な問題あるいは利便性を考えたりしてやむを得ずインターネット環境のない物件に住まなければいけないということもあります。

その場合には契約する時点で自分でインターネット回線の工事を行えるかどうかを尋ねておくか、もしくは工事不要のインターネット回線を契約して利用することになります。

賃貸物件において自分でインターネット回線の工事をする場合には管理会社もしくは大家の許可が必要となりますが、中には物件に確実に傷をつけたくないということで拒否をするケースもあります。

しかし現在はインターネット回線の工事を行わなくても契約するだけで簡単にインターネットが利用できるような環境を作ることが可能であることから、そのような方法を検討することも考えるべきです。

現在複数のインターネットサービスの会社では室内にWi-Fiルーターを設置するだけで利用できるというインターネット回線があり、賃貸物件では大いに活用できます。ただ利用する場合には1つ気を付けたいことがあります。

Wi-Fiルーターを使ってインターネットを利用する場合、一定時期に通信量を多いとその後一定期間通信速度が落ちるというシステムを取っていることがあります。

そのため日常的に仕事で利用する場合や動画をよく見たりするという場合には適していないこともあり、その場合は固定のインターネット回線を利用しなければいけません。

なので賃貸物件を契約する際には家賃や生活環境のみならず、インターネット回線が利用可能かどうかを確かめるということも重要になってくるのです。